本文へスキップ

ブログBlog


2020年10月26日

週間工程表

先週の実施工程、今週の計画工程表です。
終日規制から日中規制に切り替えてから1週間が経過しましたが
こちらも順調に工事が進んでおります。
残りの作業もあと僅かとなってきましたが、
気を緩めず安全作業を心がけます。

週間工程表をPDFでご覧いただけます。



2020年10月19日

皆様のご協力ありがとうございました

生まれて初めてロールキャベツと言われた現場代理人の橋です。

6月8日からの33日間に続き8月18日からの60日間計93日間
国道113号線の終日規制をさせていただきました。
道路利用者の皆様には多大なるご迷惑をおかけしましたが


安全管理を徹底し無事故で終日規制を終えることができました。
ご協力頂いた全ての関係者様に御礼申し上げます。

当初の計画では105日間の規制予定でしたので
12日間の短縮に成功しました。


結果は本番前に決まっている。
絶えず心と体の準備を整え、作業前に完璧な準備をした結果です。

また、安全管理同様に重点を置いた品質管理も
徹底的にこだわりました。


「安全第一、品質第二、生産第三」と言う言葉がありますが、
個人的には「品質第二」なんてありえません。

・・・ありえません。


・・・ありえません。

いつも心配されています。


二兎追うものは一兎も得ず。
しかし、二兎を追うための計画を初めから立てていれば
二兎を得ることは可能なのです。

私は仕事をする上で、この「完璧な準備をする」という心構えは
何十年前から変わっていません。


運命を左右する肝心な場面が訪れるとき、
誰もが綿密な準備をするはず。

実は、この本番が始まる前の準備で、
すでに結果は決まっているのです。


「完璧な準備」をすることで本番への自信にもつながり、
結果がついてきます。
つまり、大きな成果は「完璧な準備」にあるのです。

偉そうなことを言いましたが我々はいつだって本気です。


今後も「安全」と「品質」の両立に努め、

発注者様の期待値を超える施工を提供します。



2020年10月19日

週間工程表

先週の実施工程、今週の計画工程表です。
皆様のご協力を頂きながら約2ヶ月間続いていました終日規制を
10月17日(土)15:55に無事解除いたしました。
ご協力頂いた全ての関係者様に御礼申し上げます。
引続き、本日(10月19日)より約1ヶ月間、
8:30〜17:00までの日中規制を行います。
これまでと同様、「安全第一」作業致します。

週間工程表をPDFでご覧いただけます。



2020年10月12日

週間工程表

先週の実施工程、今週の計画工程表です。
終日規制最後の1週間です。
(天候により変動する可能性があります。)
大型重機を多く使用する工種がありますので
最善の安全対策を行います。

週間工程表をPDFでご覧いただけます。



2020年10月9日

ラストスパート

ある人のスマホのホーム画面に
本現場のホームページのアイコンがあることに、
この上ないプレッシャーを感じている現場代理人の橋です。
※写真はイメージです。

10月17日(土)の終日規制解除へ向けていよいよ最後、
6回目…6ターン目の工程に入りました。
進捗率も順調に推移しております。


何よりも本現場に従事する作業員全員が
常に安全に気を配り無事故で竣工させようと
一丸となって日々作業をしております。

本工事の工事費、約〇〇%を占める


床版打替え工もいよいよ大詰めです。

6月から長期に渡る通行規制に伴い


道路利用者の皆様には
大変なご不便をおかけしておりますがあと少しです。

皆様のご理解・ご協力を頂きながら続けてきた工事であります。
安心・安全な道路の提供までも少しだけお待ちください。


次回の超速硬コンクリート打設予定の10/15(木)の天気予報は曇り。
現在まで5/6回打設しましたが雨天中止は一度もありませんでした。
理由はもちろん・・・言うまでもありませんw

ソーシャルデイスタンスは元々デフォだった皆さん。
いい数字叩き出すんです。


・・・。
アレクサ!何とかして!

映える〜。


台風14号の対策も万全を期しています。
来週の山場に向けて最大限の準備をして挑みます。



2020年10月5日

週間工程表

先週の実施工程、今週の計画工程表です。
天候にも恵まれとても仕事がしやすい環境になってきました。
仕事がしやすいことで作業効率は上がりますが、
「安全第一、品質第二、生産第三」で今週も頑張ります!

週間工程表をPDFでご覧いただけます。



2020年9月29日

安全管理優良受注者表彰

現場の順調すぎる進捗率と反比例して、
色んなとこが限界にきてる現場代理人の橋です。

でも頑張ります! 


本工事の発注者である北陸地方整備局様では、
平成元年より毎年9月の第4週を「労働災害防止週間」と定め、
建設工事における労働災害の防止に取り組んでおります。

その一環として、
工事関係者の更なる安全に対する意識向上を図ることを目的に、
受注者により自主的な安全衛生管理体制の
整備と現場での安全対策の取組に対して、
その安全管理が特に優良で他の模範となる受注者を
「安全管理優良受注者」として表彰しています。


この度、弊社初となる同賞を頂くことができました。

「社内の安全管理体制、工事現場における日々の安全活動、安全教育の充実、


安全管理活動の推進と安全衛生管理の向上に対する貢献等が顕著な受注者」が
選定条件となっています。

去る9月14日、北陸地方整備局において表彰式が挙行され、
弊社新潟支店長の松本が北陸地方整備局長より表彰状を頂きました。


また、その安全管理優良受注者として、9月24日に行われました
「令和2年度新潟国道事務所建設労働災害防止大会」にて弊社の安全対策の
事例紹介として発表させていただきました。

内容は主に、昨年度に交通混雑の緩和及び道路交通の安全・円滑化を目的とした、
令和4年夏迄に開通予定の阿賀野バイパスの事業に携わった時のものです。


発表は当現場の監理技術者小林が行いました。

発表直前、パソコンの設定による不具合があり
急遽原稿を席までに取りに戻るアクシデントがありましたが、
橋推しの小林(イケボ)は慌てません。


弊社新潟支店長、松本も同席。

当社は、鉄道工事を主体としていますが、
主に官庁発注の公共工事を主戦場とする者が7名おります。


民間工事と違い公共工事には「工事成績評定」があり
我々は評定点=「顧客満足」として認識しています。
顧客満足とは弊社が今年度重点項目としている経営姿勢です。

今後も発注者様にニーズを確実に把握し、
発注者様の期待値を超える安全、品質を提供していく所存であります。


官庁工事担当者7名(通称:神7←橋しか言ってない説)
による安全大会(仮称)。
(ちなみに橋は箱推しです。)
どんな研修会よりも身のある「生の声」が飛び交います。(唾も飛びます!)
今年度は諸般の事情でまだ開催できていません。
新型コロナウイルス感染拡大が1日でも早く収束することを願っております。



2020年9月28日

週間工程表

先週の実施工程、今週の計画工程表です。
おかげさまで工事の進捗はすこぶる順調です。
天候により若干の変動はありますが10月17日(土)に
終日規制の終了を予定しております。
今しばらくお待ちくださいませ。

週間工程表をPDFでご覧いただけます。



2020年9月23日

ヒューマンエラー

我々の工事担当の営業部の方々からの差し入れが何を意味するのか・・・。
考えるのが怖い現場代理人の橋です。

前回の投稿からまたまた間が空いてしまいました。
戦友K氏から「ブログしばらく書いてないけど、どうした?大丈夫か?」と
連絡がありました。
持つべきものは戦友(時に悪友)です。


こちらは・・・。もはや手に負えません。

先日、本工事で全6回の内の4回目の
超速硬コンクリートの打設が終わりました。


本工事の床版打替え工は、下り線の1径間、上り線の2径間の
計3径間の施工をそれぞれの2回施工、つまり同じ工程6回繰り返します。

舗装版破砕後、WJの鋼板養生から始まり
WJはつり→ブレーカーはつり→型枠組立→超速硬コンクリート打設の
繰り返しです。


日々同じ作業をしていると、自分がやっている仕事が
危険を伴うものであることを忘れがちです。

人為的過誤(ヒューマンエラー)やリスクを侵していることを
承知の上でする行動などが増加するとされています。


作業がマンネリ化した時や
ベテラン作業員が起こすことが多い「危険軽視・慣れ」。
「近道・省略行為」、人は面倒な手順を省略したり、
近道したがる本能を持っています。

私も近道・省略行為はしたことないと言えば嘘になります・・・。
しかし、


『超えてはいけない線は絶対に超えてはならない。』
私が崇拝する上司の教えです。

その『線』をどこに設定するのか。
現場代理人の技量が試されます。


スイスチーズモデル。
リスク管理に関する概念の一つで、
スイスチーズ内部に多数の穴が空いているが、
穴の空き方が異なる薄切りにしたスイスチーズを何枚も重ねると、
貫通する可能性は低くなる、同様にリスク管理においても、

視点の異なる防護策を何重にも組み合わせることで、
事故が発生する危険性を低減させることができる。


スイスチーズモデルでは、
完璧な防護壁は存在しないと認識した上で、
個々の防護壁が正しく機能するよう監視することが重要とされます。

現場代理人のような幅と厚みのある防護壁で
ヒューマンエラーを含む全ての危険を摘み、
最後の最後まで無事故・無災害で社会資本の整備に貢献します。


先日の光景。
一つの現場に3台は中々お目にかかれません。壮観です!

ジェットモービル車。まじポルシェより映える(≧▽≦)


※注:ユーライク使ってません。



2020年9月21日

週間工程表

先週の実施工程、今週の計画工程表です。
世間では4連休ということもあり交通量が多くなっている中、
本日も作業をさせていただいております。
1日も早い終日規制開放に向けて今週も「安全第一」で、
作業を進めてまいります。

週間工程表をPDFでご覧いただけます。



2020年9月14日

週間工程表

先週の実施工程、今週の計画工程表です。
15日の超速硬コンクリート打設で床版打替え工に伴う終日規制の
ちょうど折り返し地点(上り線)、全体の2/3が終了します。
順調すぎる工事進捗に油断することなく
今週も気を引き締めて安全に作業を進めてまいります。

週間工程表をPDFでご覧いただけます。



2020年9月7日

週間工程表

先週の実施工程、今週の計画工程表です。
終日規制開始から3週間が経過しました。
昼夜連続規制の中、猛暑日も嵐のような大雨でも常に笑顔で
交通整理を行ってくれる交通誘導員に頭が上がりません。
今後も道路利用者の皆様、作業員の安全を確保しながら
尚且つ円滑に車の流れを作ることを心がけて誘導させて頂きます。

週間工程表をPDFでご覧いただけます。



2020年9月2日

熱中症災害の撲滅

5月中旬から稼働した現場ですが、
順調すぎていつか落とし穴に落ちるのではないかと
逆に心配でならない現場代理人の橋です。

前回の投稿から少し間が空いてしまいました。
・・・お察しください。


8月18日からの終日規制開始後は、
毎日うだるような暑さが続いています。

こちらも休憩中でございます。(*´з`)


休み明けから2週間が経過し
体が熱に順応してきた頃でしょうが、
この暑さのため全く気が抜けません。

本現場では特別教育を受けた「熱中症予防管理者」を配置し、
現場施工箇所での日除け用簡易テントの設置


経口補水液、塩飴の常備の他、
計測データ遠隔収集記録システム『ネオロガー 記録ch』にて
リアルタイムでWBGT値を把握し
熱中症災害の撲滅に努めております。

熱中症予防管理者の職務内容として
@WBGTの測定及び低減対策の実施状況確認
Aあらかじめ各作業員の熱への順化状況を確認


B朝礼時等作業開始前に作業員の体調を確認
CWBGT値の測定結果に応じた、作業中止または中断の判断を行う
D職場巡視を行い、作業員の水分及び塩分の摂取状況を確認すること
とあります。

しかし、これらの内容は熱中症の予防として
現場を管理する責任者として当たり前のことであり、
もう一歩踏み込んだ対策を講じなければ熱中症災害の撲滅はできません。


毎日、約20名程の作業員の皆さんに
現場に従事していただいてますが

工種によって作業内容は異なります。


それぞれの身体作業強度に応じたWBGT基準値管理を行い

適正な水分、塩分の摂取及び作業の休止時間、
休憩時間の確保を徹底し熱中症災害の防止を必達、


現場に従事する作業員の皆さんの安全を守り切ります。

この現場ではすべきことが多いですが、今のところ順調に行っています。
最後の最後まで気を引き締め、無事故・無災害で完工します。


橋!今日も!いい波乗ってんね!!



2020年8月31日

週間工程表

先週の実施工程、今週の計画工程表です。
今週も先週同様に高い気温で推移する予報となっています。
作業強度に応じた適正な水分及び塩分の摂取に留意し
「安全第一!」で作業を進めてまいります。

週間工程表をPDFでご覧いただけます。



2020年8月24日

週間工程表

先週の実施工程、今週の計画工程表です。
8/18より2度目の終日片側交互通行をさせていただいております。
約2ヶ月間と長期間の規制となりますが
ご理解・ご協力のほどよろしくお願い致します。

週間工程表をPDFでご覧いただけます。



2020年8月19日

終日規制その2

お盆休みは密を避け、
大自然でひたすら(54H)遊んだ現場代理人の橋です。

昨日、8月18日(火)より本工事2度目の
終日片側交互通行を開始いたしました。


お盆休み明け後、すぐの作業での安全留意事項を
「第三者災害の発生の防止」、「熱中症災害の発生の防止」とし、
当日従事する作業員の皆さんに元請としての対策、各々の注意事項について
周知徹底を行いました。

休み明けで体が熱に順応していない状態(橋を除く)は、
熱中症になる可能性が極めて高いです。
しかし「 きちんと対策」を行えば必ず防止できる災害です。


また、お盆期間直後の国道113号線は
通行車両がかなり多くなっております。
近隣工区においても終日規制をしており道路利用者の皆様に
多大なるご迷惑をおかけしております。

特に当現場の今回の規制は橋梁の形状や作業の都合上、
関係機関に申請し特殊車両の通行を禁止させていただいております。


・・・。
異常時の行動訓練もしていますので慌てません!

このような状況であっても絶対に
事故・災害を起こすわけにはいきません。


大仕事への取り掛かり、
初日のブリーフィングは15分にも及びました。

段取りを完璧に済ませた後の作業はホントにスムーズです。


プロフェッショナル 仕事の流儀!
本間しか勝たん!

こちらは相変わらず・・・。見なくていいよ!


もはやゾーン状態はデフォの現場代理人橋。

まずは終日規制終了までの約2ケ月間、
無事故・無災害を約束します。



2020年8月17日

週間工程表

先週の実施工程、今週の計画工程表です。
8/8から路上工事抑制期間中は非常に交通量が多く、
この国道113号線はなくてはならない道路なんだと再認識しました。
明日8/18より2度目の終日規制を実施させていただきますが、
道路利用者様の安心・安全のため、
ご理解・ご協力のほどよろしくお願いします。

週間工程表をPDFでご覧いただけます。



2020年8月11日

8月10日

某アーティストの歌のタイトルに似せて釣ってみた
現場代理人の橋です。
ちなみに橋は人前で歌は歌いません。

大正9年8月10日に、最初の道路整備に関する長期計画である
第1次道路改良計画が実施されたことなどから、
道路の意味・重要性について関心を高めることを目的に、
昭和61年に現在の国土交通省が8月10日を「道の日」と制定しました。


また8月1日〜8月31日までは「道路ふれあい月間」としても定着しています。
道の日の翌日には2014年より制定されたお盆前の祝日「山の日」がありますが、
私にとっては「道の日」の方が、なにか特別です。

そんな「道路ふれあい月間」も稼働中であります本工事は、
社会資本の整備として国土交通省北陸地方整備局、新潟国道事務所様より
発注された「公共事業」であります。


その公共事業関係費の中の直轄、補助・交付金。
近年相次ぐ大規模自然災害による「 被災地の復旧・復興」を
加速させるとともに「国民の安全・安心の確保」
※PDFでご覧いただけます→

「力強く持続的な経済成長の実現」及び
「豊かな暮らしの礎となる地域づくり」の4分野に重点化し、
道路整備を計画的に進められよう配分されています。
※PDFでご覧いただけます→


その計画により、多くの人の生命と財産を守るとともに、
暮らしや地域経済への深刻なダメージを回避し、
迅速な回復が可能な地域づくりが行われております。
※PDFでご覧いただけます→

ある日、この辺を歩いていたら連れがいきなり
「いつもお世話になっております」と横断幕に向かってお辞儀をしていました。


「国民経済・生活を支える重要インフラ等の機能維持」に
皆様の税金が使われています。
つまりは私たちのお給料は元をたどれば税金なのです。
※PDFでご覧いただけます→

身近な存在でありながら普段あまり意識することのない道路について、
その役割及び重要性の再認識そして感謝の意味を込めて
当現場の職員で片貝橋周辺の清掃を行いました。


ごく一部の心無いドライバーによるポイ捨ては少なくありません。

コーヒーの空缶。開栓前のものではなく、
入っている中身が何なのか知った時のリアクション・・・。


これなら素手でいけます。

()「それは?」
(小)「ポケットからキュンで・・」
()「そう言うのいらない!」


次回はそろそろ私の推し、監理技術者が書いてくれるかも・・・。
神回不可避。



2020年8月10日

週間工程表

先週の実施工程、今週の計画工程表です。
現在、当作業所は作業をしておりませんが
関川村の国道113号線では多くの箇所で
インフラストラクチャーの整備が行われております。
道路利用者の皆様には多大なるご迷惑をおかけしますが、
ご理解・ご協力のほどよろしくお願いします。

週間工程表をPDFでご覧いただけます。



2020年8月6日

2020年度も受賞

現場代理人の橋です。
終日規制終了とともに始めた中間技術検査の書類作成ですが
ばっちり出来上がり、先日無事に検査が終わりました。
手応えは・・・秘密♡♡

北陸地方整備局管内に本店、支店を有する当社は、
過去2ヶ年度(平成30年度〜平成31年度・令和元年度)に
完成した直轄工事のうち3件以上の工事成績を有している企業かつ


工事成績評定の平均点が80点以上の企業に認定される
「工事成績優秀企業」に今年度も認定していただきました。

今年度は本工事の他に
令和元・2年度長岡大橋下部補強工事(6/30終了 長岡国道事務所)


戸石地区河道掘削外工事(信濃川下流河川事務所)、
の計3件の工事が完工予定であり、
来年度の工事成績優秀企業の「必須条件」はクリアしています。

好成績継続のために我々官庁工事担当者は情報の共有の為、
たわいのない話から、帰宅することを忘れるほどの「熱い」話をよくします。


が、行き着く結論は、何か特別なことをしなければならないと
気負うこともありますがそれが全てではないということでした。

評価対象項目のほとんどは、契約書や特記仕様書、
土木工事標準仕様書などに記載のある契約事項です。


つまりは成績評定点の向上は契約事項の遵守にほかならないのです。

とは言っても周りと同じことをやっていては
【もう一段階上】へは行けません。


発注者様のニーズを確実に把握し、期待値を超える
品質・安全の提供をすること好成績の維持に努めていきたいと思います。



2020年8月3日

週間工程表

先週の実施工程、今週の計画工程表です。
中間技術検査も終わりホッと一息。
道路工事抑制期間中(8/8〜8/16)は、 管内の道路において交通量の増大が予想されます。
現場内及びその周辺の保安施設の整備点検、 期間中の現場巡視体制・現場管理方法を確立し、交通確保に万全を期したいと思います。

週間工程表をPDFでご覧いただけます。



2020年7月29日

中間技術検査

工事係員の小林です。
橋現場代理人より大役を仰せつかり、人生初ブログに挑みます。
「内容は?」との問いに「バズるやつ」と言う無茶ぶり・・・。

右も左もわからず、この現場に配属され早1か月。
工事の内容、規模を少しづつ理解していくのと比例して、
上場企業に入社したんだと言う実感をひしひしと感じております。


当社は工事成績優秀企業に認定されており、
中間技術検査の減免措置を受けることができるのですが、
あえて受けるのだそうです。

5/18から開始した吊足場から舗装工までが
中間技術検査の対象となります。


現場初日。
初めての写真撮りは簡単ではありませんでした。

黒板を持つときカメラは見なくていいそうです・・・。


俗に言う「祭り」。
超速硬コンクリート打設日から

3日連続の早出出勤でした。


「ゾーン」に入った橋現場代理人には誰も近づけません。

舗装工前のブリーフィング&作業手順の確認。
まさに「段取り8分」でした。


その後、

「百聞は一見に如かず」を目の当たりにします。


「離れて!!」にビビり後ずさり・・・。

「祭り」終了後は張りつめていた緊張感から解放され、
14時間眠りましたzzz。


これらの工事内容を現在必死に検査書類として
纏めている2人の上司のように早くなりたいと日々感じる
工事係員の小林でした。



2020年7月27日

週間工程表

先週の実施工程、今週の計画工程表です。
中間技術検査とはいえ
完成検査前さながらのピリピリ感漂う事務所内・・・。
最高の準備をして臨みたいと思います。

週間工程表をPDFでご覧いただけます。



2020年7月21日

合同パトロール

現場代理人の橋です。
7月14日(火)に新潟支店による合同パトロールが行われました。

当社では安全を最優先する企業の取組として
異なる目線での点検と自部門の常識を見直す契機となるよう、
安全部と線路・建築・土木部の施工3部門による
合同パトロールを行っております。


パトロール前に監理技術者の小林より
工事概要の説明を行った後、当日の作業が無かったため
現場での安全設備、仮設物の確認・点検を行いました。

現場での安全設備確認。


計測データ遠隔収集記録システム
『ネオロガー 記録ch』【NETIS登録番号】KT-140107-VE

『ネオロガー 記録ch』は、モバイル通信網を利用して
遠隔地からでも工事現場の状況をリアルタイムに把握することができる
計測データの収集記録システムです。


『風速・雨量・WBGTをそれぞれ計測し
本現場で定めた警戒基準、作業中止基準を超過時、

パトランプによる警告、現場担当者へのメール通知で
瞬時に緊急時の対応を可能にする優れものです。


昇降足場出入口。施錠もばっちりです!

吊足場橋軸方向の吊チェーンの間隔、吊元の確認。


「桁、中段足場にクッション材等の衝撃吸収材を設置をしてみては?」
と言う貴重な意見をいただきました。

中段足場を開けて終了した床板コンクリートの下面も確認。


現場事務所に戻り意見交換を行いました。
指摘事項はありませんでしたが
「ここをもう少しこうしたらより良くなるのでは?」
といったアドバイスをもらい
今後、より安全管理を強化していこうと心に誓った
現場代理人の橋でありました。



2020年7月20日

週間工程表

先週の実施工程、今週の計画工程表です。
終日片側交互通行規制を終え、とりあえずはほっと一息。
7月30日に行われる中間技術検査に向けて書類づくりに励みます。

週間工程表をPDFでご覧いただけます。



2020年7月13日

ぴえん超えてぱおん

スマホで天気予報を見すぎた為、
通信速度が落ちた現場代理人の橋です。

そのくらいにここ1週間、
毎日天気予報を気にしておりました。
(↑お察しください)


超速硬コンクリート打設や舗装工は
品質に悪影響を及ぼすため雨天時には施工できません。
(ゲージを見なさい!)

そんな理由で毎日天気予報を気にしておりました。
(怖いって・・・。)


またまた〜、ご冗談を!
と言ってしまうほどのマーク…。

しかしそこは、日頃の行いの良さに定評のある橋、
無事曇り天気の中、超速硬コンクリート打設を予定日に行い、


舗装工は2日にわけましたが、
雨天順延を最小日数に留め無事に施工、
終日規制を終えることができました。

AM7:00に早くもゾーンに突入した橋。


今回の舗装工、本間道路(株)下越営業所さんは
雨雲レーダーを確認しながら9時〜11時の2時間勝負!

ホントに一粒の雨も降りませんでした。
(反対車線濡れてませんよ!)


6月8日から実施しておりました
終日片側交互通行は一旦解除となります。

ご理解、ご協力いただきました
道路利用者の皆様、近隣の皆様に感謝申し上げます。


次回の終日規制は8月18日(火)、
8時30分〜上り線の規制となります。



週間工程表

先週の実施工程、今週の計画工程表です。
雨天により1日の順延はありました7月11日、11:45に
終日片側交互通行規制を解除いたしました。
ご理解・ご協力いただきました全ての関係者の皆様に
御礼申し上げます。

引き続き、安全第一で作業を進めてまいります。
よろしくお願いします。

週間工程表をPDFでご覧いただけます。



2020年7月6日

週間工程表

先週の実施工程、今週の計画工程表です。
9日、10日で超速硬コンクリート打設、舗装工を行い
終日片側交互通行の終了を予定しております。

が、晴天時しかできない工種のため順延の可能性もあります。
道路利用者の皆様・近隣の皆様には
ご不便・ご迷惑をおかけしますが、いましばらくお待ちください。
よろしくお願いします。

週間工程表をPDFでご覧いただけます。



2020年7月1日

全国安全週間

現場代理人の橋です。
「人命尊重」という基本理念の下、
「産業界での自主的な労働災害防止活動を推進し、
広く一般の安全意識の高揚と安全活動の定着を図ること」を目的とした
【全国安全週間】が本日より始まりました。

また本日7月1日は、日本国民の一人ひとりが施設や行動面での安全確保に留意し、
交通安全、火災等の災害発生の防止を図る国民運動を啓発するための
記念日、国民安全の日でもあります。


毎日、約20名程の協力会社の作業員の皆さんが、
スムーズに、気持ちよく作業していただくため、
段取りはもちろん常に安全に、常に緊張感を持った現場の雰囲気を作ることも
現場代理人の大事な仕事の1つです。
現場内では「安心」は必要ありません。

現場の進捗ですが、
先週超速硬コンクリートの打設が終わり現在は同じ工程を繰返す2回目の・・・
2ターン目の床版破砕を施工中です。


ブレーカーによる人力はつり。
振動障害の予防対策として日振動ばく露量Aが、
「日振動ばく露限界値」である5.0m/s2を超えることが無いよう
振動ばく露時間の抑制、低振動の振動工具の選定等を行います。

3・3・3運動の完全実施!


吊荷の移動中は全作業員が作業を一時中断します。

終日規制解除に向けて24時間体制で完全な安全管理を行います。



2020年6月29日(2)

終日規制開始

現場代理人の橋です。
去る6月8日(月)床版打替え工に伴う
舗装版破砕の施工を開始しました。

この日の作業には舗装工や鳶工等、総勢28名。
朝礼後に各班ごとに綿密な打ち合わせ、ブリーフィングを実施し、
それぞれの作業に取り掛かります。


舗装版撤去前の下がり確認。
この時橋はもう「モード」に入っています。

今回の舗装工事は本間道路渇コ越営業所さん。


今年も神業、舗装版切断

with 水越太郎


熟練の技、バックホウによる舗装版破砕。

早くてキレイなんです。


この後、経年劣化による土砂化した床版を
ウォータージェット、ブレーカーにて
破砕する作業に入っていきます。



2020年6月29日

週間工程表

先週の実施工程、今週の計画工程表です。
6月も終盤にかかりましたが
当現場の進捗率は順調に推移しております。

また、道路利用者の皆様、
近隣の皆様のご理解・ご協力のもと、天候次第ではありますが
7月10日、17:00に1回目の終日規制の解除を予定しております。
今しばらくお待ちください。

週間工程表をPDFでご覧いただけます。



2020年6月26日(2)

連続投稿

現場代理人の橋です。遅れを取り戻します!!

安全作業で進めた吊足場の設置も終わり、床版打替え工の準備に入ります。


鉄筋にストレス、ダメージを与えることなく
劣化したコンクリートをはつるウォータージェット工法は

このように支保工を組んで養生をしないと
吊足場を破壊するほどの威力を持っています。


【セーフティSKパネル】は汚したり破損させると
いろんな意味で後が大変なんです(汗)

工事看板にて通行者、近隣の皆様に現場の周知を行いながら


いよいよ最初のヤマ、終日規制が始まります。

カメラ目線いりません!!



2020年6月26日

無事故・無災害の現場スタート

現場代理人の橋です。
昨年に引続き今回も片貝橋の補修工事を
担当させていただくことになりました。

5月18日(月)より稼働していますので
1ヶ月以上ホームページの更新を放置しておりました。
申し訳ありません。これから挽回します!


昨年同様、吊足場の施工からスタートしました。
もはや吊足場のスタンダードとも言える【セーフティSKパネル】
セーフティSKパネルは、パネル型の作業床をチェーンで吊り、連結して行くと
吊り足場が完成する極めてシンプルな新しい吊り足場工法です。

従来の親パイプ・コロバシパイプ・足場板・安全ネットなどを一体化した、
全く新しい工法を生み出したパネル式吊り足場。


危険度の高い作業工程を不要にするだけでなく、
全ての作業が架設されたパネルの上で行われるため、
安全性が飛躍的に向上します。

建設業3大災害の内、最も割合の多い墜落災害の撲滅を目指して
今後も安全作業を進めます。



職員紹介

監理技術者 小林 直也こばやし なおや

◎監理技術者の小林です。

道路利用者の皆様が安心して通行できるよう、
2020年5月18日より片貝橋の補修工事をさせていただいております。
現在、建設中の鷹ノ巣道路の早期開通が望まれますが、
開通まで国道113号線の幹線道路の整備・地域社会の発展に
貢献させていただきます。

2020年12月9日までの長丁場となりますが、
本工事の交通規制に起因した交通事故発生の防止を必達目標とし、
昭和46年生まれの『同級生』片貝橋の若返りに全力を尽くします。


現場代理人 橋 雄介たかはし ゆうすけ

◎現場代理人の橋です。

昨年度に引き続き片貝橋の補修工事に従事させていただいております。
今回の工事では昨年の継続として床版打替え工をはじめ、
古くなった防護柵を取り替える橋梁高欄工、検査路の取替、
主桁の断面欠損が広くなった部分の当て板補修工、橋梁端部からの
漏水を確実に導水する簡易排水対策工や舗装工等、多岐にわたります。

前回の工事では終日規制を約35日間実施しましたが、
今回は3倍の約100日間の規制を予定しております。
道路利用者の皆様の生活に欠かせない幹線道路を長期間、終日規制を
するということで多大なるご不便、ご迷惑をおかけしますが
品質管理、安全管理を徹底し工事完了後に『最高の道路』を
皆様に提供することをお約束します。
ご理解、ご協力のほどよろしくお願いします。


工事係員 小林 智也こばやし ともや

◎現場係員の小林です。

6月29日より当現場に配属になりました。
片貝橋の維持修繕工事をしており、橋梁の構造など覚えること、学ぶべきことがたくさんあり、私自身とても不安です。

しかし、1つの工事を達成する喜びを期待しながら日々頑張ります。
分からないことが多く、先輩社員から学ぶものはたくさんあります。
技術や知識を1つでも多く吸収し、土木技術者として成長していきたいと思います。



空撮動画