本文へスキップ

ブログBlog


2020年8月6日

2020年度も受賞

現場代理人の橋です。
終日規制終了とともに始めた中間技術検査の書類作成ですが
ばっちり出来上がり、先日無事に検査が終わりました。
手応えは・・・秘密♡♡

北陸地方整備局管内に本店、支店を有する当社は、
過去2ヶ年度(平成30年度〜平成31年度・令和元年度)に
完成した直轄工事のうち3件以上の工事成績を有している企業かつ


工事成績評定の平均点が80点以上の企業に認定される
「工事成績優秀企業」に今年度も認定していただきました。

今年度は本工事の他に
令和元・2年度長岡大橋下部補強工事(6/30終了 長岡国道事務所)


戸石地区河道掘削外工事(信濃川下流河川事務所)、
の計3件の工事が完工予定であり、
来年度の工事成績優秀企業の「必須条件」はクリアしています。

好成績継続のために我々官庁工事担当者は情報の共有の為、
たわいのない話から、帰宅することを忘れるほどの「熱い」話をよくします。


が、行き着く結論は、何か特別なことをしなければならないと
気負うこともありますがそれが全てではないということでした。

評価対象項目のほとんどは、契約書や特記仕様書、
土木工事標準仕様書などに記載のある契約事項です。


つまりは成績評定点の向上は契約事項の順守にほかならないのです。

とは言っても周りと同じことをやっていては
【もう一段階上】へは行けません。


発注者様のニーズを確実に把握し、期待値を超える
品質・安全の提供をすること好成績の維持に努めていきたいと思います。



2020年8月3日

週間工程表

先週の実施工程、今週の計画工程表です。
中間技術検査も終わりホッと一息。
道路工事抑制期間中(8/8〜8/16)は、 管内の道路において交通量の増大が予想されます。
現場内及びその周辺の保安施設の整備点検、 期間中の現場巡視体制・現場管理方法を確立し、交通確保に万全を期したいと思います。

週間工程表をPDFでご覧いただけます。



2020年7月29日

中間技術検査

工事係員の小林です。
橋現場代理人より大役を仰せつかり、人生初ブログに挑みます。
「内容は?」との問いに「バズるやつ」と言う無茶ぶり・・・。

右も左もわからず、この現場に配属され早1か月。
工事の内容、規模を少しづつ理解していくのと比例して、
上場企業に入社したんだと言う実感をひしひしと感じております。


当社は工事成績優秀企業に認定されており、
中間技術検査の減免措置を受けることができるのですが、
あえて受けるのだそうです。

5/18から開始した吊足場から舗装工までが
中間技術検査の対象となります。


現場初日。
初めての写真撮りは簡単ではありませんでした。

黒板を持つときカメラは見なくていいそうです・・・。


俗に言う「祭り」。
超速硬コンクリート打設日から

3日連続の早出出勤でした。


「ゾーン」に入った橋現場代理人には誰も近づけません。

舗装工前のブリーフィング&作業手順の確認。
まさに「段取り8分」でした。


その後、

「百聞は一見に如かず」を目の当たりにします。


「離れて!!」にビビり後ずさり・・・。

「祭り」終了後は張りつめていた緊張感から解放され、
14時間眠りましたzzz。


これらの工事内容を現在必死に検査書類として
纏めている2人の上司のように早くなりたいと日々感じる
工事係員の小林でした。



2020年7月27日

週間工程表

先週の実施工程、今週の計画工程表です。
中間技術検査とはいえ
完成検査前さながらのピリピリ感漂う事務所内・・・。
最高の準備をして臨みたいと思います。

週間工程表をPDFでご覧いただけます。



2020年7月21日

合同パトロール

現場代理人の橋です。
7月14日(火)に新潟支店による合同パトロールが行われました。

当社では安全を最優先する企業の取組として
異なる目線での点検と自部門の常識を見直す契機となるよう、
安全部と線路・建築・土木部の施工3部門による
合同パトロールを行っております。


パトロール前に監理技術者の小林より
工事概要の説明を行った後、当日の作業が無かったため
現場での安全設備、仮設物の確認・点検を行いました。

現場での安全設備確認。


計測データ遠隔収集記録システム
『ネオロガー 記録ch』【NETIS登録番号】KT-140107-VE

『ネオロガー 記録ch』は、モバイル通信網を利用して
遠隔地からでも工事現場の状況をリアルタイムに把握することができる
計測データの収集記録システムです。


『風速・雨量・WBGTをそれぞれ計測し
本現場で定めた警戒基準、作業中止基準を超過時、

パトランプによる警告、現場担当者へのメール通知で
瞬時に緊急時の対応を可能にする優れものです。


昇降足場出入口。施錠もばっちりです!

吊足場橋軸方向の吊チェーンの間隔、吊元の確認。


「桁、中段足場にクッション材等の衝撃吸収材を設置をしてみては?」
と言う貴重な意見をいただきました。

中段足場を開けて終了した床板コンクリートの下面も確認。


現場事務所に戻り意見交換を行いました。
指摘事項はありませんでしたが
「ここをもう少しこうしたらより良くなるのでは?」
といったアドバイスをもらい
今後、より安全管理を強化していこうと心に誓った
現場代理人の橋でありました。



2020年7月20日

週間工程表

先週の実施工程、今週の計画工程表です。
終日片側交互通行規制を終え、とりあえずはほっと一息。
7月30日に行われる中間技術検査に向けて書類づくりに励みます。

週間工程表をPDFでご覧いただけます。



2020年7月13日

ぴえん超えてぱおん

スマホで天気予報を見すぎた為、
通信速度が落ちた現場代理人の橋です。

そのくらいにここ1週間、
毎日天気予報を気にしておりました。
(↑お察しください)


超速硬コンクリート打設や舗装工は
品質に悪影響を及ぼすため雨天時には施工できません。
(ゲージを見なさい!)

そんな理由で毎日天気予報を気にしておりました。
(怖いって・・・。)


またまた〜、ご冗談を!
と言ってしまうほどのマーク…。

しかしそこは、日頃の行いの良さに定評のある橋、
無事曇り天気の中、超速硬コンクリート打設を予定日に行い、


舗装工は2日にわけましたが、
雨天順延を最小日数に留め無事に施工、
終日規制を終えることができました。

AM7:00に早くもゾーンに突入した橋。


今回の舗装工、本間道路(株)下越営業所さんは
雨雲レーダーを確認しながら9時〜11時の2時間勝負!

ホントに一粒の雨も降りませんでした。
(反対車線濡れてませんよ!)


6月8日から実施しておりました
終日片側交互通行は一旦解除となります。

ご理解、ご協力いただきました
道路利用者の皆様、近隣の皆様に感謝申し上げます。


次回の終日規制は8月18日(火)、
8時30分〜上り線の規制となります。



週間工程表

先週の実施工程、今週の計画工程表です。
雨天により1日の順延はありました7月11日、11:45に
終日片側交互通行規制を解除いたしました。
ご理解・ご協力いただきました全ての関係者の皆様に
御礼申し上げます。

引き続き、安全第一で作業を進めてまいります。
よろしくお願いします。

週間工程表をPDFでご覧いただけます。



2020年7月6日

週間工程表

先週の実施工程、今週の計画工程表です。
9日、10日で超速硬コンクリート打設、舗装工を行い
終日片側交互通行の終了を予定しております。

が、晴天時しかできない工種のため順延の可能性もあります。
道路利用者の皆様・近隣の皆様には
ご不便・ご迷惑をおかけしますが、いましばらくお待ちください。
よろしくお願いします。

週間工程表をPDFでご覧いただけます。



2020年7月1日

全国安全週間

現場代理人の橋です。
「人命尊重」という基本理念の下、
「産業界での自主的な労働災害防止活動を推進し、
広く一般の安全意識の高揚と安全活動の定着を図ること」を目的とした
【全国安全週間】が本日より始まりました。

また本日7月1日は、日本国民の一人ひとりが施設や行動面での安全確保に留意し、
交通安全、火災等の災害発生の防止を図る国民運動を啓発するための
記念日、国民安全の日でもあります。


毎日、約20名程の協力会社の作業員の皆さんが、
スムーズに、気持ちよく作業していただくため、
段取りはもちろん常に安全に、常に緊張感を持った現場の雰囲気を作ることも
現場代理人の大事な仕事の1つです。
現場内では「安心」は必要ありません。

現場の進捗ですが、
先週超速硬コンクリートの打設が終わり現在は同じ工程を繰返す2回目の・・・
2ターン目の床版破砕を施工中です。


ブレーカーによる人力はつり。
振動障害の予防対策として日振動ばく露量Aが、
「日振動ばく露限界値」である5.0m/s2を超えることが無いよう
振動ばく露時間の抑制、低振動の振動工具の選定等を行います。

3・3・3運動の完全実施!


吊荷の移動中は全作業員が作業を一時中断します。

終日規制解除に向けて24時間体制で完全な安全管理を行います。



2020年6月29日(2)

終日規制開始

現場代理人の橋です。
去る6月8日(月)床版打替え工に伴う
舗装版破砕の施工を開始しました。

この日の作業には舗装工や鳶工等、総勢28名。
朝礼後に各班ごとに綿密な打ち合わせ、ブリーフィングを実施し、
それぞれの作業に取り掛かります。


舗装版撤去前の下がり確認。
この時橋はもう「モード」に入っています。

今回の舗装工事は本間道路渇コ越営業所さん。


今年も神業、舗装版切断

with 水越太郎


熟練の技、バックホウによる舗装版破砕。

早くてキレイなんです。


この後、経年劣化による土砂化した床版を
ウォータージェット、ブレーカーにて
破砕する作業に入っていきます。



2020年6月29日

週間工程表

先週の実施工程、今週の計画工程表です。
6月も終盤にかかりましたが
当現場の進捗率は順調に推移しております。

また、道路利用者の皆様、
近隣の皆様のご理解・ご協力のもと、天候次第ではありますが
7月10日、17:00に1回目の終日規制の解除を予定しております。
今しばらくお待ちください。

週間工程表をPDFでご覧いただけます。



2020年6月26日(2)

連続投稿

現場代理人の橋です。遅れを取り戻します!!

安全作業で進めた吊足場の設置も終わり、床版打替え工の準備に入ります。


鉄筋にストレス、ダメージを与えることなく
劣化したコンクリートをはつるウォータージェット工法は

このように支保工を組んで養生をしないと
吊足場を破壊するほどの威力を持っています。


【セーフティSKパネル】は汚したり破損させると
いろんな意味で後が大変なんです(汗)

工事看板にて通行者、近隣の皆様に現場の周知を行いながら


いよいよ最初のヤマ、終日規制が始まります。

カメラ目線いりません!!



2020年6月26日

無事故・無災害の現場スタート

現場代理人の橋です。
昨年に引続き今回も片貝橋の補修工事を
担当させていただくことになりました。

5月18日(月)より稼働していますので
1ヶ月以上ホームページの更新を放置しておりました。
申し訳ありません。これから挽回します!


昨年同様、吊足場の施工からスタートしました。
もはや吊足場のスタンダードとも言える【セーフティSKパネル】
セーフティSKパネルは、パネル型の作業床をチェーンで吊り、連結して行くと
吊り足場が完成する極めてシンプルな新しい吊り足場工法です。

従来の親パイプ・コロバシパイプ・足場板・安全ネットなどを一体化した、
全く新しい工法を生み出したパネル式吊り足場。


危険度の高い作業工程を不要にするだけでなく、
全ての作業が架設されたパネルの上で行われるため、
安全性が飛躍的に向上します。

建設業3大災害の内、最も割合の多い墜落災害の撲滅を目指して
今後も安全作業を進めます。



職員紹介

監理技術者 小林 直也こばやし なおや

◎監理技術者の小林です。

道路利用者の皆様が安心して通行できるよう、
2020年5月18日より片貝橋の補修工事をさせていただいております。
現在、建設中の鷹ノ巣道路の早期開通が望まれますが、
開通まで国道113号線の幹線道路の整備・地域社会の発展に
貢献させていただきます。

2020年12月9日までの長丁場となりますが、
本工事の交通規制に起因した交通事故発生の防止を必達目標とし、
昭和46年生まれの『同級生』片貝橋の若返りに全力を尽くします。


現場代理人 橋 雄介たかはし ゆうすけ

◎現場代理人の橋です。

昨年度に引き続き片貝橋の補修工事に従事させていただいております。
今回の工事では昨年の継続として床版打替え工をはじめ、
古くなった防護柵を取り替える橋梁高欄工、検査路の取替、
主桁の断面欠損が広くなった部分の当て板補修工、橋梁端部からの
漏水を確実に導水する簡易排水対策工や舗装工等、多岐にわたります。

前回の工事では終日規制を約35日間実施しましたが、
今回は3倍の約100日間の規制を予定しております。
道路利用者の皆様の生活に欠かせない幹線道路を長期間、終日規制を
するということで多大なるご不便、ご迷惑をおかけしますが
品質管理、安全管理を徹底し工事完了後に『最高の道路』を
皆様に提供することをお約束します。
ご理解、ご協力のほどよろしくお願いします。


工事係員 小林 智也こばやし ともや

◎現場係員の小林です。

6月29日より当現場に配属になりました。
片貝橋の維持修繕工事をしており、橋梁の構造など覚えること、学ぶべきことがたくさんあり、私自身とても不安です。

しかし、1つの工事を達成する喜びを期待しながら日々頑張ります。
分からないことが多く、先輩社員から学ぶものはたくさんあります。
技術や知識を1つでも多く吸収し、土木技術者として成長していきたいと思います。



空撮動画